上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は町内の老人会があり、何やら祝い事があったとかで、地元で有名などら焼き屋さんに箱入りのし紙つきのものを注文しておいたそうです。箱と手提げ紙袋が別に届いたので、入れるのを手伝って欲しいと呼ばれたのですけど、段ボール箱を開けて一言。

「…のしに『志』って入ってますが構いませんか?」

老人会じゃシャレになりませんよねぇ、と言ったら会長さんの顔色が変わりました。ですよね、『志』ったら葬式か法事ですよ。袋入れの前にのし剥がしが入りましたが無事予定時刻までに終了。剥がしたのし紙はこっそり持ち帰りました(苦笑)

何て注文したんですか?と剥がしながら質問したら、注文したヒトは一人でやって、今入院中だから分からないというお返事でした。会長パニクってましたがあの後大丈夫でしたか?

…ま、それはそれでいいんですが。
どっか別のとこの葬式や法事で『祝』ののし紙貼ってあったらまじシャレにならん話です。そんなことがなかったことを祈ってあげよう。
スポンサーサイト
2008.10.26 Sun l 日常 l COM(0) l top ▲
先週から本誌は祭りに突入しておりますが、どうにもひやひやさせられます。素直に喜べないのは見え隠れするフラグのせいかしら。それともこれはまぼろし?そうだそうに違いない。忘れてしまえばいいんだフラグなんて。来週まで忘れていたい…
とか思いながらざんぷ本誌を立ち読み。ぶりが佳境に差し掛かり、あいしーるどもクライマックスですね…そういえばわんぴーすはあったかしらん?
というわけで、相変わらず好きなところしか読んでいないということが判明(苦笑)

フラグの立ちッぷりに関しては追記にて。
2008.10.20 Mon l なると l COM(0) l top ▲
地元のタウン誌に紹介されていた「宮田雅之刀勢画展」に行ってきました。刀勢画とは、いわゆる切り絵のことですが、特にこの宮田氏が作られたものをそう呼ぶようです。1997年に訪中した際、称号として頂いた名前らしい。
私は山田風太郎さんの「八犬伝」の挿絵からこの方を知ったのですが、色数の少ないシャープな線で滴るような艶を表現されるなぁと思っておりまして。切り絵というと滝平二郎さんも有名ですが、あのどちらかと言えば郷愁を誘う、牧歌的な世界とはまた異なる世界を持った切り絵です。作品が見られるならちょっといいなと出かけていった次第です。
個人の画廊(?)での企画展のような感じで、10点あまりの作品でしたが、「富嶽」や「里見八犬伝」の中の「伏姫と八房」などは現物で、「日本のピエタ」などは複製を見ることができました。現物は30号で百万ちょっとですから、まさしく目の保養のみですけど(笑)
陰と陽のコントラスト、堪能して参りました。

帰り道は同行の母親のリクエストにて、近所の花木センターへ寄り道。更にスーパーマーケットで夕飯の買い物とオヤツ代わりのパンを買って帰宅。今日の夕飯はサンマの塩焼きとGBSポテト、白菜のみそ汁、ほうれん草のおひたしです。
2008.10.19 Sun l 日常 l COM(0) l top ▲
ヒマだったんで留守番がてらドラマを見流していました。お昼は「相棒」の再放送2本、そのあと「ブラッディマンディ」を途中から、「流星の絆」を全部。後ろ二つが秋の新作ですね。「相棒」は今度の水曜日から新シリーズです。なんか亀山さんが卒業だっていうのでハラハラドキドキ。
後二つのウチでは「流星の絆」が面白かったです。二ノ宮くん演じる三兄弟の長男くんがアブナイ感じで面白い。原作小説を読みたくなりましたが、とりあえず見られたらドラマを見ようかな。
原作と言えば、「容疑者Xの献身」は原作では山登りがなかったようでした。<ぱらぱら立ち読みしただけですが。

それから夕飯に「豚肉とレンコンのピリ辛煮」を作って食べました。おいしくできた。そろそろレンコンの季節ですね。
2008.10.18 Sat l 日常 l COM(0) l top ▲
「二十世紀少年」を見てきました。CMが面白そうだったんですよね。そして俳優陣が結構豪華だったし、原作は知らないのですが行ってみた。映画館のポイントが溜まっていたというのが最も大きいかも知れませんが(笑)
まあ詳しくはネタバレですから追記にて。平日夜なこともあってか、非常に空いた状態で見させて頂きました。こんなんで採算取れるのかな、と思いつつ。郊外型シネコンなのですけど、車で10~15分くらいのとこに今月末、もう一つできるんですよね。選択肢が増えるのは嬉しいけれど、共倒れとかどちらかが倒れてしまうのはちょっと頂けない。どうにか共存していって欲しいものです。既に旧来の映画館は倒れそうだからな…結果として選択肢が減る羽目になるのはご遠慮したい。

とりあえず予告で見た「怪盗二十面相伝」「私は貝になりたい」が気になっているワタシです。
2008.10.16 Thu l 日常 l COM(0) l top ▲
今日は母上の誕生日ですよ。何かしないと機嫌が悪くなることを思い出して、退勤後に寄り道をしました。中古CD屋。確か「中孝介」のアルバムが欲しいと言っていたので、もしかしたらあるかもしらん、と。
首尾良く最新アルバムの中古品を見つけたので買って帰りました。お財布の中身はぎりぎりだったので足りて良かった。お札が一枚もなくなりました。社会人の財布じゃないですね。

それで帰宅したら妹からも「中孝介」のアルバムが届いていて、ちょっとどっきり。被ったかと思いましたが、幸いあちらはレンタルで、しかも一枚目のだった。ワタシの買ってきたのは二枚目のアルバムなので、都合良く被らなかったのです。さすがだ妹!(いや偶然でしょうが)
それにしても相変わらず趣味の若い母親です。中孝介さんはこないだまでやっていた「夏目友人帳」の主題歌歌っていたヒトですね。どこで見つけてくるのか、割と若向けのものも守備範囲なのには常日頃びっくりすることも多いです。
見習うべきかな?(笑)
2008.10.14 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
母親と妹と一緒に、紅葉を見に行きました。と言っても、普通イメージする紅葉や楓やその他もろもろの紅葉ではなく、ホウキグサ、トンブリ、コキアの名で呼ばれる植物です。いつもの公園に見に行ったのですが、三連休甘く見ていました(苦笑)
ものすごい行列で、チケット買うまでが大変でした。こんなに混んでるの初めて見た!というくらい。
それでもまあ中は広いので、ぎゅうぎゅうと言うほどではなかったです。
目的のモノは一番奥の「見晴らしの丘」というところに植えてあります。ここも結構な人出でした。麓がコスモス、丘の上の方はコキアが植わってます。コキアはちょっと盛りを過ぎ、コスモスは五分咲き。それでも結構見応えはありましたね。写真はなるべく人を入れないように、きれいに撮ろうといろいろ工夫したので、人がいなくてそれは素晴らしい眺めのように思って貰えたら嬉しい(笑)
公園中央の広場では、凧揚げのイベントをやってました。持参した凧をあげる人あり、凧作り教室あり、とにぎやか。中では連凧がすごいなぁと見上げてしまいました。一個一個作ってつなげて、それを上げるってすごいなぁと。小学校の6年生のとき、クラスで作ったのでよけいそう思います。そんなものを眺めつつ公園を横断して、秋バラを見物して帰りました。バラは妹が好きなんです。私は何でもいいけど、広いところに一面に咲いてたりするのが好きなんですよね。趣味が違うって面白い。

空腹を抱えて、近場のアウトレットへ。ホントは海が近いので魚のおいしいのが食べたいね、と言っていたのですが、ここも混んでいたので、比較的混んでいなかった洋食屋さんでオムライスを食べました。半熟おいしかったv
それからちょっとずつアウトレットのお店を冷やかし、SCOOTERの皮のトートバッグ、サンクゼールのジャム(ゆず、きいちご、黒スグリ)とパスタソース(アンチョビ&トマト)、オニオンディップ、生ソーセージなどを買いました。お財布軽くなったけど満足~(笑)

追記に写真を載せておきます。
2008.10.12 Sun l おでかけ l COM(2) l top ▲
夕方から母親と出かけました。外食と映画。本当は父親が見に行きたいと言っていた「次郎長三国志」の予定だったのですが、父親に趣味の予定が入ったため母親と「容疑者Xの献身」です。湯川センセイを見に(笑)
映画を見る前にイタリアン系のファミレスでご飯を食べ、チケットを購入してから時間つぶしで映画館隣の靴屋さんへ。改装前の閉店セールで三割引だったし、普段履きの靴を買いたかったんですよね。
今よく履いている靴は、義肢装具のお店で買ったちょういい靴と、アシックスのウォーキングシューズで、履き潰しそうな勢いですから。
で、ちょういい靴を買うときに、お店の方が「土踏まずのアーチをしっかり支えてくれる靴がいいですよ」とアドバイスくれたので、今回はそれをポイントに、なるべくしっくりくる靴を探しました。一応いいかな~、と思う靴があったので二足購入。それを持って映画見に行きましたよ(笑)

>映画については追記にて(ネタバレですし)

帰宅したら父親が駐車場に停めた車の中で寝てました。鍵を持たずに出たらしい…電話したって出ませんよ、映画見てたし;
30分くらい寝てたらしいです(苦笑)

2008.10.11 Sat l おでかけ l COM(0) l top ▲
昨日が物理学賞と思ったら、今日は化学賞の発表だったんですね。クラゲの発光物質に関する研究。これまた門外漢なもんで、受賞した下村さんは被爆者であり、地方大学の出身者であるということくらいしか知らないです。
ノーベル賞ってそう言えば各賞同時に発表ではないんでした、と思い出してみた。時差式なんですね。あとは何でしたっけ、医学賞と文学賞と平和賞?該当者がなければ受賞者ナシだったかな?以外とノーベル賞って知らないんだなぁと思います。

時差と言えば、昨日の素粒子の研究もそうですけど、研究自体はだいぶ昔のものなんだそうです。発表しただけではどんな革新的な理論でも発見でもダメで、そのあとの世界の発展やら何やらで実利性があると認められたモノでないと、と言うアタリ徹底して実務家だったんでしょうね、ノーベルさん。
ちなみにクラゲはバイオの研究や遺伝子研究や、すごいなぁと思ったのはガン細胞とか生きたまま見られるらしいですよ。あと生きた細胞の働きを可視化するとか。医学面でも革命的な発展をもたらしたらしい。
そんでもって明日は文学賞の発表らしいですよ。
2008.10.08 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
ノーベル賞の発表がありましたね。物理学賞って言うと小柴さん以来ですか。随分昔に研究なさっていたものだそうで、ご本人は「自分たちにとっては論文を発表した時点で終わりなんですよ」というようなことをおっしゃっていて、なるほど研究者とはそうしたものかと面白く感じました。
この素粒子理論は、途中行き詰まっていたところをお風呂に入ってリラックスしたときふと思いついたのだそうです。考えても考えてもどうしようもないと思っても考え続けているとそんなこともあるんですね。考えても駄目なときもあるけどね。以外とそんなところにいろいろな種があるんだなと思いました。ニュートンがリンゴの落ちるのを見て万有引力を…というのに通じるかも知れません。

こんなこと書いてますが、肝心の理論の方は「へぇ」ってカンジです。文系ですから!

そしてこの時期もうひとつのノーベル賞こと、イグノーベル賞が面白い(笑)
今年の生物学賞は「犬の血を吸ったノミはネコの血を吸ったノミよりも高く飛ぶ」という研究だし、医学賞は「値段の高い偽薬の方が安いものよりもよく効く」という研究だそうです。一見したところでは笑いが出そうですが、どれも真剣に研究なさっている方がいるんだし、研究結果は意義深いんだそうですよ(笑)
人間ってすごいなぁ。
2008.10.07 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲
本日は地元で花火競技会。見るだけではなくて、花火師さん達がその技を競い合うものです。
遠方から見に来るお客様も多いので、年に一度、ありえないほど賑わいます(笑)どのくらいかと言うと、生粋の地元民は午後になったら車では出かけないくらい。裏道はともかく、幹線道路はにっちもさっちもいかないからです。
さてそんな中、お友達を招待してみたため、お掃除の仕上げとお出かけの用意を午前中から始めました。自分の部屋とトイレの掃除、お弁当の下ごしらえを母親と手分けして。お弁当は父親リクエストにより、まずはお稲荷さんとケン○ッキーフライドチキン。豚の角煮味噌味と、サンマの蒲焼きとこんにゃくのピリ辛煮、コールスロー風サラダとキュウリと茗荷の韓国風即席漬け、果物は梨リンゴ巨峰。まあ屋台も冷やかすかなぁと少なめに入れてみました。ちょっと濃い味つけかなぁ、と言いながら残り物でお昼。ぼちぼちお友達からも出発したよメールがやって参ります。
時間つぶしに録画しておいた「相棒5」の2時間スペシャルを見たりしていたら、車でいらっしゃるHさんご一家より、「インター降りたら混んでいる」メールが。その間に電車が着きそうだったので、MさんとOさんを迎えに車を出しました。道はさほどでもないと思っていたら、駅前の車寄せがすごかった。停まれなくてぐるぐる回ってしまいました; ちょっと電車も遅れていたそうですが、無事にお二人を拾うことができて一安心。その頃には自宅の方にHさんご一家も到着されてました。
1時間ちょっと、近況報告がてら暇つぶしをしてから、てこてこと徒歩で会場へ。今回は桟敷席を取ったので、場所取りの苦労はなかったのですが、川岸の土手の混雑にはやられました。みっちり人だし、ちょっと外れたら転がり落ちそうだし(苦笑)
それでも無事、開始前に席に着くことが出来ました。よかったよかった。今日は温かいし風もあまりなくていいかなぁと思っていたら、上の方は結構風があったらしく、煙は流れてましたね。
シンプルな技の粋を競う十号玉、発想の面白さと繊細な技術を競う創作花火、構成と演出の総合力を競うスターマインの三部門で競うのですが、それぞれに良さがあります。何より、至近距離で音と空気の振動と火薬の匂いと、光の花の大きさを味わって頂きたい。

まあすごいな、と思って楽しんで貰えたらそれでいいんですが(笑)

花が咲くのは一瞬のことで、しかもうまくいくかどうかはそのときにしか分からないのですけど、その刹那の芸術の為に試行錯誤を重ね、一年という月日を重ねているのですね、花火師という人たちは。その技を見せて貰うって実はスゴイ事じゃないのかな、とちょっとだけ思って貰えたら嬉しいと思う。

でも終わった後は余韻に浸る間もなく、電車組と車組を送り出しました。のんびりしてると帰宅難民(笑)
また来年ぜひお会いしましょう!

写真があります>追記
2008.10.04 Sat l おでかけ l COM(2) l top ▲
職場の窓の下に金木犀の大きな木があることに、今日気が付きました(苦笑)
香りがしないと地味な木です。でもこの時期だけは他のどの木よりも密やかに華やかな、ステキな木だなぁと思います。
いつかお家に植えたい木のひとつです。

しばらく鼻をひくひくさせて楽しみたいと思います。
2008.10.02 Thu l 日常 l COM(0) l top ▲
近所で映画の撮影があり、見物がてら徒歩で下校指導に。近くにある河に歩行者オンリーの橋が架かっていて、その上でやってました。ヤンキーなお兄さん達が二手に分かれて対決中という設定らしいです。グレーの変わったカンジの学ランと、黒の普通な学ランの強面なお兄さん達がずらっと並んでました。
で、一応通行止めなんですけど、小学生だけは通学路なんで通してくれるんですよ。ざざっと橋の両脇に避けてくれて、真ん中のさながら花道のようになったところを。「こんにちは~」とか、「さようなら~」とかにこやか爽やかに声を掛けてはくれるものの、剃り込みが入ったり、眉が無かったり、メイクなのか傷とかアザとか作ったりしたお兄さん達に、小学生びくびく(笑)
そして私たちはむしろ帰りの方がいたたまれなかったです(^^;

この後河に落ちるシーンとかを撮るという話を交通整理の人に聞いて、俳優さんというのも大変だなぁと思いました。主役級の人たちの撮影はもっとガードも堅いんだそうです。ウチの自治体はいろいろ映画のロケを誘致しているので、時々そういうのに出会しますが、追っかけの人たちはびっくりするほど情報を持っていて、ガードするのも一苦労らしい。そんな話を聞きながら脇の方から見てるのは面白かったです。
そういや「相棒」の映画も結構この辺りだったんだよな、と思い出しつつ。貴重な体験かも。
…で、モノは何かというと、後で聞いたところによると、小栗旬や三浦春馬の出ている「クローズ・ゼロⅡ」だったそうです。見たことないや;;
2008.10.01 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。