上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
新聞の下段にある、新刊やら既刊やらの本の広告で見て気になっていた本をゲットしました。

『江戸猫~浮世絵猫尽くし』稲垣進一・悳俊彦/東京書籍

猫の浮世絵だけを集めた作品集でございます。
…まーなんつーか…猫バカっていつの世にもおったのでございますなぁ。かくいうワタクシも、そんな本があるのか!ならば買わねば!と購入しているので同じ穴のムジナ。ろんぐろんぐあごー(何のこっちゃ)
歌川国芳とか河鍋暁斎とか、有名どころもいいんですが見たことないのもあって楽しい本でした。そもそも江戸時代は猫絵描きという職業もあったらしく、ネズミよけの猫の絵を描いて歩いていたとかいないとか。そんな話を読んだことがあった気が…
ネコ好き江戸好きなワタクシ向きの本でげす。

あ、ちなみに犬なら伊藤若仲とかいいですね!
スポンサーサイト
2010.05.23 Sun l 日常 l COM(0) l top ▲
イベントでっす。今回は日帰りコースなので、地元駅から朝早い出発でした。まあ何事もなく山手線~ゆりかもめと乗り継ぎ、会場入り~。
今回も敗色濃厚にて、新刊は先送りになりました。ので、既刊を並べて準備オッケー。つらつらとおしゃべりやら打ち合わせやらをしているうちに、開場でゴザイマス。開場後しばらくはのんびり人並みを眺めておったんですが、今回は「デュラララ!」がすごい人だったらしいですね。あとは「へたりあ」?元気の良いジャンルって面白そうですが近寄る気はしませんな。一頃よりまったりなので、ざんぷスペもこの辺りはのどかなものです。
売り子さんのRさんが買ってみえた本が気になり、グッズスペへ探索に出かけたりもして、それなりにイベントを満喫。Mさんに第三新東京市土産をいただいたり。温泉あるのか、あそこ…(笑)ふつーにウマいおまんじゅうでしたよ。箱のデザインがかっこよかったです。蓋は黒で下が赤。蓋には鈍い銀色で麻の葉文様、その中にネルフのマークがさりげなく配されてます。渋いし、一見それっぽく見えないところが良し。
はて、早めに引き上げて展覧会とご飯だ~、と撤収したはいいものの、うっかりアメ横などふらついたために、思ったより時間を浪費し、展覧会はお流れになりました。見たかったなーフランク・ブラングイン。5月いっぱいは西洋美術館でやっているようなので、ぜひリベンジしたい。さて、アメ横はなんだかものすごいヒトデ、もとい人出で、歩くのにも難儀でございました。はぐれないように歩くのが精一杯さ!イベント会場より混んでいたですねぇ。
そしてご飯はと言うと、なぜかワタクシが食べたかった韓国料理。上野『満奈多』です。某厨房テレビ番組で見て行きたかったんですよ。『空(ハヌル)』コースはキムチ三種盛りから始まって、蒸し鶏のチョレギサラダ、ニラとイカのチヂミ、上州せせらぎ豚のポッサム、一品セレクトはアベル黒豚の塩プルコギ、デザートは杏仁豆腐です。うまうまです。すっかり満腹デスとも。
そのおなかを抱えて上野駅前でお別れしたのですが、その短い道中にとらふぐ亭を見つけ、「次はふぐが食べたいナぁ」などとつぶやいている食いしん坊万歳な私どもでございました。つかワタシか?(笑)
2010.05.03 Mon l おたく? l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。