上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
電線に雀が三羽ならぬ。

窓の外に雀が6羽。

という光景を初めて見ました。
職場の窓の外にはベランダがあります。ワタクシども、そこでミニトマトやらナスやらピーマンやらをプランター栽培しておりまして、1メートル弱ぐらいのスペースの向こうに、手すりが見えるのです。
昼過ぎ、なんかスズメがチュンチュン賑やかだなぁと思ってふと窓の外へ視線を向けると。

……わあ!

手すりの上にスズメが並んで留まっています。1,2,3、4,5,6羽?
すげ、と思わず室内にいた皆様に注目を促してしまいました。
思うに、どうやら巣立ちの日だったようです。
そういや雨樋と柱の隙間に巣があったなぁ、と思ってしばし見つめている間に、スズメたちはチュンチュンと飛び去っていきました。
最近、スズメが減っているとかいう研究報告もあるそうですが、無事に成長すると良いなぁ。
一夏に2~3回は子育てするという話ですから、次の子育てもうまくいくといいです。

スズメはかわいいなぁ。
スポンサーサイト
2010.06.30 Wed l 日常 l COM(0) l top ▲
参院選のポスターが貼られていますが、先週下校の監督をしながらその脇を通りました。
右端の上の段は、地元では元スポーツ選手の若手新人候補が張ってあります。とある子ども、それを見て「『かっこいい』ではこの人が一番」……更に左端の下段に張られた唯一の女性候補のポスターを見て一言「うつくしい…」(大笑)

ということがありまして、散々ネタにさせていただいたのですが。

本日、その続きがありました。
4月に撮った集合写真を使う予定があって出して置いたところ、件のおぼっつぁまに見つかりまして曰く、「先生、かっこいいですね!」「……ありがとう。ところでこないだ選挙のポスターの人には『美しい』って言ってたけど、先生には『美しい』はないの?」

……しばし黙考。

「……先生にはそのかわり『かっこいい』が二倍あります!」
「………ありがとう」(つまり『うつくしい』はない訳/大笑)

ぷりちーよりはんさむつーことですかそうですか。微妙な二倍の基準も気になる(笑)

そんでもって今週のアレは追記>
2010.06.28 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲
まあこれといって、というだけで、マッタク何もしなかったわけでもない?

気象が微妙な時間で、朝食はヨーグルトで済ませ、洗濯機を掛けながら録りためてあった録画視聴。
『二人の食卓(イカとアスパラのピリ辛山椒ダレ、牛肉の味噌炒めクレープ包み)』、『チューボーですよ』(フルーツのロールケーキ)、『男子ごはん』(回鍋肉、豆乳味噌汁、野菜スティックの味噌マヨネーズダレ)……あ、最後のは録画じゃなかった。
それを見終えた辺りで昼食を作り、食べ終えてからふらりとホームセンターへ。
ワタシが明日使うプラスチックコップ、相方氏は車の消臭剤とか作業用靴下とか買って、それから売店で季節限定の木イチゴのソフトクリームを買いました。ここの季節モノソフトに弱いのです(笑)木イチゴといいつつ、ストロベリーとラズベリーと半々らしい。
それから相方氏の実家へ車のキー返却に行ったら、取れたて野菜をこれでもかといただき。キュウリ、ナス、ピーマン、瓜、ズッキーニ、スイカ。あまりにも多くいただいたので、当方の実家へそのまま運搬しました。
それから再度別のホームセンターへ行き、野菜の浅漬け用の容器を購入。早速ウリをつけましたよ!
夕食で在庫のナスを使い切り、明日からはいただいたナスの群れを消費したいと思います。何がいいかな~v

美味しいなやみは良いモノですが、夏野菜は足が速いのが悩み(苦笑)

振ったり止んだりで蒸し暑く、変な天気の一日でございました。
明日は学期末の授業参観だ~!
2010.06.27 Sun l 日常 l COM(0) l top ▲
<理由があって、その色形香りを選んで咲くのでしょうから、ワタシができるのは自然の妙に見とれることくらいなのですけど。

その育つ土やいろいろの要素によって微妙に色を変える、紫陽花の不思議は格別だと思うわけです。

発色の要素は、俗に言われる土のph値(酸性かアルカリ性か)だけではないようで、土壌内のアルミニウムイオン量とか、固有の補助色素(アントシアニンの発色に影響する)、開花からの日数などの要素が複雑に絡み合っているそうです。それを思うにつけ、育てていても思うような色にはならないのだろうなぁ、と思うのですが、そんな気まぐれな植物でさえ、何とか理想の花を咲かせようと品種改良をしてきた人たちはすごいなぁとも感心するのでした。

なんでいきなりそんな話かというと、大学時代から気になっていた紫陽花の名所に行ってきたからです。
地元からちょいと離れたところにある大学の近所に、紫陽花の名所があるというのは当時から知っていたのです。しかし通学のバスの車窓から案内の看板を眺めてはいたものの、行ってみたことはなかったのでした。それをふいと思い立って見に行った訳です。
どちらも寺社の境内で、昔なら寺社奉行の管轄ですな(笑)片方は二十三夜尊、片方は八幡宮。
二十三夜尊の方は勢至菩薩が本尊のお寺です。(神社だと月読神社になります。二十三夜尊というのは、二十三日に講を催すことから呼ばれている名前で、仏教なら勢至菩薩、神道なら月読尊が祀られていることが多いようです)水戸黄門にも出てくる水戸藩国家老中山家の菩提寺ですね。こちらはセイヨウアジサイが主で、品種的にも新しいモノが多かったように思います。花弁(額)にくっきり縁取りが出ていたり、フリルのようになっていたり。なかなか華やかでした。
行基様が掘られたという噂の(笑)ご本尊の勢至菩薩様にご挨拶をすませ、境内の奥へ進むと典型的日本式庭園。池の周りを中心にぐるりと30種あまり、6000本ほどが植えられていました。大型観光バスが何台も来ていたり、野点をやっていたりしてにぎやかなカンジでした。石州流とあったけど、うちの地元なら清水派かな~とか思いながら眺めていたり。お茶もお花もやったことないんですが、知識としては持ってる辺り偏ってます。

片や八幡宮はというと、ヒトはまばらでひっそり。夏越の祓で、茅の輪くぐりが設えてあったので、お参りしてきました。ついでに神木の御葉付公孫樹(イチョウ)を見物。これは雌の木なんですが、稀に葉の付いたまま落ちてくる実から芽が出るので、子孫繁栄とか子育てとかに御利益があるらしいです。あちらこちらにいろんな神様の末社があって、とりあえず御稲荷様にはご挨拶してきました。朱の鳥居の間に白のカシワバアジサイという取り合わせがすてきでした。ひらひらとクロアゲハが迷い込んでいたりして、なかなかの風情です。
境内の奥は『紫陽花の杜』。淡い青のガクアジサイが、杉の林の間に重なり合うように咲いていて、人の姿はなく、ざわざわと鳴る葉擦れの音が聞こえる。どちらかというと、ワタシの紫陽花のイメージはこっちでしょうか。

こんもりと丸く、手鞠のような愛らしさのセイヨウアジサイも、素朴で繊細な作りのガクアジサイも、清楚で可憐なエゾアジサイも、ボリュームのある豪華なカシワバアジサイも。それぞれに魅力を堪能させていただきました。
いつか、鎌倉の明月院に行ってみたいなあというのが野望なのですけど。

……花の季節って短いですよねぇ;;

>写真アップ。追記にて
2010.06.20 Sun l おでかけ l COM(0) l top ▲
通称『はやぶさ』(第20号科学衛星MUSES-C)が地球に帰還しました。あいにくの曇天でその瞬間を肉眼では見られなかったのですが、Eさんのおかげで和大の中継動画で見せていただきました。
最後に撮影した地球の画像は、送信の途中で切れてしまっていましたね。最後の最後まで、課せられたモノに忠実だったアナタに、私たちが言えるとしたら。

…おかえり。

今はその言葉だけです。
流れ星のように見えただろうその光跡に、私たちは掛ける願いはありません。だって、帰ってきてほしいという数多の人の願いに、文字通り満身創痍で応えてくれたのだから。
幾度ものトラブルのたびに、何とかイトカワへ着いてほしい、何とか地球へ帰ってきてほしいと思って頑張った人たちの願いを、傷だらけのアナタは聞き届けてくれたので。
たとえそのカプセルの中に何もなくても。私たちはもうアナタにたくさんのモノをもらっている。

おつかれさま、と迎えてあげたいと思います。
それでももし、何かがアナタの中に残っているのなら。

いつか、君の見た星のすべてを、私たちに教えてください。

地上の私たちの誰よりも、このニュースを喜ぶだろう彼女には、きっともう伝わっているだろうけど。

そしてこのプロジェクトに関わった全てのみなさま。
夢をありがとうございます。そしておつかれさまでした。
2010.06.13 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
職場に行った帰りに、実家へ寄りました。
財布を忘れて出たので、お昼過ぎて空腹を覚えたためです。何か食べさせてもらおうと思って(笑)
だって帰宅するより実家に寄った方が早いんだもの。

そんでご飯とふりかけでごく軽く昼食をいただきました。おいしかった。

食後に母親が新しく買った自転車の話になりました。3輪です。前が2輪後ろが1輪。今までのと反対ですね。うまく乗れないので練習中だそうです。
物は試しで、ワタシも乗ってみました。まっすぐはいいんですが、曲がるのは思ったより難しい。普通の感覚よりも大きく動いてしまう感じです。そして段差ではハンドルが取られる。
こりゃ確かに難しいわ~、と笑ってしまいました。

母親は夜特訓らしいです。
2010.06.12 Sat l 日常 l COM(0) l top ▲
今日はお出かけの一日でした。夜に有楽町の東京国際フォーラムで稲垣潤一のコンサートがあって、じゃあその前に上野の科博で『大哺乳類展~陸のなかまたち』を見ようと、お昼を早めに食べて出かけました。上野駅でチケットを買ったら、「40分待ちですよ~」と言われましたがそんなこっちゃめげませんことよ!ちゃんと水分と暇つぶしの文庫本は持ってますから!

『大哺乳類展』は、今年「国際生物多様性年」を迎えるに当たって、国立科学博物館と朝日新聞社、TBSが主催する特別展です。ちなみに今日見るのは前半にあたる「陸のなかまたち」(次回は7/10から「海のなかまたち」)
地上の動物たちの進化やその多様性を、剥製や骨格標本、化石標本によって紹介しようというものです。そして自然や動物のありのままの姿を一般の人にも広めようとした3人の足跡にも触れようという企画。

ケモノ好きとしてはぜひ一見しなくては!というわけで、機会を狙っていたのです。
いざ入場したらえらい人混みで、まあでも少し辛抱すれば最前列もゲットできます。ぎゅうぎゅうなのも、あちこちから蘊蓄が聞こえてきて面白いですよ。小さいお子たちの素朴な疑問とかも大好物。答えに窮する親御さんとかなかなかおもしろ…いやいや(笑)
も-、化石とか骨格標本とか剥製とか大好物!なので、すごっく楽しかったです。詳しくは語りませんがね…語ってもいいなら延々語るよワタシは。
まあそれは置いといて、グッズ売り場や本館の売店で至福の迷宮に突入し、とりあえず図録を購入。骨格!骨格写真の専門書がほしかったけど高いんだもん!あ、でも透明標本の本は買えば良かったかも!
一番はオオアリクイの骨格標本でした。あの細い顎は面白い!でも長い舌をどう仕舞っているのか気になります。カメレオンは蛇腹状にたたんでいるそうですが、アリクイはどうなんだ。

さて、そうこうしている内に約束のお時間が近づき、コンサートにお誘いしたHikoさんと有楽町で合流。会場前に立ち寄った売店で一目惚れのペンギンちゃんを購入。灰色のくたくたの柔らかさと、そのくせちゃんと直立できるバランスの良さに惚れまして(苦笑)

さて、コンサートは3階の前から2列目、端っこの方ですがステージはよく見えました。スクリーンないからミニチュアっぽいけど。選曲が意外な感じだな~、と思っていたら、MCでその謎が明かされました…「今日のテーマは『裏をかく』『ガツンと行く』です」…だからあんまライブでやらない曲とか多めで、定番が外されてたのか…そして56歳のおぢさんなのにバラードとかミディアムテンポの曲が少なめでアップテンポ多かったんだ…(大笑)
まあその分アンコールがベストアルバムダイジェストというか、定番デザートてんこ盛りみたいになってましたがね。それはそれで盛り上がったかな。「1・2・3」は相変わらずぴょんこぴょんこしてるのが可愛かったですけど。タンバリンもね!
ゲストもお二人いらっしゃって、辛島美登里さんと松浦亜弥さんとそれぞれデュエットしてくれました。「サイレント・イブ」はちょっと感動~vv あと、お二人相手のトークも面白かったです。

終了後、有楽町で豚のしゃぶしゃぶを食しながら四方山話。今日のセレクトテーマは『肉』ですからして、うまうま満足でございました。コースの他に鶏刺しとユズ黒酢ドリンクですよ。至福ってモンでしょ?
楽しくしゃべって食べて、有楽町駅で解散。

大変楽しい一日でございました。
2010.06.05 Sat l 未分類 l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。