上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ノーベル賞の発表がありましたね。物理学賞って言うと小柴さん以来ですか。随分昔に研究なさっていたものだそうで、ご本人は「自分たちにとっては論文を発表した時点で終わりなんですよ」というようなことをおっしゃっていて、なるほど研究者とはそうしたものかと面白く感じました。
この素粒子理論は、途中行き詰まっていたところをお風呂に入ってリラックスしたときふと思いついたのだそうです。考えても考えてもどうしようもないと思っても考え続けているとそんなこともあるんですね。考えても駄目なときもあるけどね。以外とそんなところにいろいろな種があるんだなと思いました。ニュートンがリンゴの落ちるのを見て万有引力を…というのに通じるかも知れません。

こんなこと書いてますが、肝心の理論の方は「へぇ」ってカンジです。文系ですから!

そしてこの時期もうひとつのノーベル賞こと、イグノーベル賞が面白い(笑)
今年の生物学賞は「犬の血を吸ったノミはネコの血を吸ったノミよりも高く飛ぶ」という研究だし、医学賞は「値段の高い偽薬の方が安いものよりもよく効く」という研究だそうです。一見したところでは笑いが出そうですが、どれも真剣に研究なさっている方がいるんだし、研究結果は意義深いんだそうですよ(笑)
人間ってすごいなぁ。
スポンサーサイト
2008.10.07 Tue l 日常 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。