上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
本屋で叫びそうになったよ…(半泣)
本気で週刊誌に踊らされている今日この頃。この展開を忘れないと一週間まともに仕事に手が着きませんよ!せっかく冬のお祭りも受かったのに何たることだ;;

や、なんか不穏な雰囲気は昨日来、カカイル友のメールで分かっていたのですが、なかなか本屋に行く勇気が出ず妹と買い物に行ったのです。
近くに大型SC(ショッピングセンター)が出来たので(昨日が開店)、それならばいつも混んでいる違うSCは空いているに違いないと。そしてそちらは目論見以上に空いていてびっくりでした。何てみんな分かりやすいんだ!
というわけでうにくろを冷やかし、本屋で紐のかかったざんぷにほっとし、「○スラーン戦記」の最新刊を立ち読みし、ヨーグルト専門店で「ナタデココと甘夏のヨーグルト」200gを食していたら昼時に。妹が行きたがっていたドイツパン系のお店でバケットとかを買ってから、カレー専門店に行きました。最初行こうと思っていたパン屋さん近くの洋食屋さんは外まで行列だったから;
私が食べたのは「濃厚チーズのビーフカレー」、妹は「ガーリックチキンカレー」です。付け合わせに頼んだ「海賊サラダ」はぷりぷりのタコとエビがおいしかったです。でもトングが掴みづらかったなぁ。チーズカレーはこってりでした。さすが濃厚~
そこから○武デパートの九州物産展に行き、宮崎黒豚の餃子と鹿児島豚の角煮と角煮大根を買いました。夕飯に食べたら餃子はジューシーで角煮はとろっとろ、大根はほろほろでした。うまうま~v

というわけでまあ最終的には何とか立ち直ったみたいです。妄想しちゃる!
>ネタバレは追記にて
ええと、黒抜きなことが良いのか悪いのか。

前半はカカシ先生、やっぱり頭脳派だったんだ~、とそれなりに落ち着いて見ていられたのですが。ちゃんと分析をしながら戦えることは証明された気がします。チョウザさんの言葉だけでなく、それを証明するようにカカシ先生の行動で見せてますから、説得力はあったかな。そして格好良かった(あそこまでは!)
ペインにカカシ先生を「厄介」と思ってもらえたのはちょっと嬉しかったのですけど。例え「小うるさい」程度であろうとも;;
や、多分大丈夫じゃないかな~、大丈夫だよな~、大丈夫であってほしいな~、生きててくれれば写輪眼ぐらいはがまんするから、いやむしろ喜んであげてもいいよ!という感じで読み終わったのでした。
そして本屋を出るときに、「もう一件行ったら、違う運命のざんぷがあったりしないかな…」とかなり本気で呟いたワタシを、「…バカ?」ととても可哀想なヒトを見る目で妹が見てくれたのでした。
だって本気で抹消したいんだよ!だってもしかしたら全国に一冊くらい「幸運のざんぷ」があったっていいじゃないか!そしたらカカシ先生だってフラグとか立たないかもしれないし!
そんなことを力説する私に、妹はそれはそれは冷静に「マルチエンディングはないと思うよ、ざんぷで」とコメントして下さったのでした。

…分かっていますとも。

それでもそんな妄想をしてしまうカカシスキー。6:4くらいの割で「幸運のざんぷ」を探しに旅に出たいヒトがここにいます。きっとどこかに青い鳥はいるよ…とか呟いているそんな自分がちょっと哀しいけど可愛いです(苦笑)
スポンサーサイト

2008.11.01 Sat l なると l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。