上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
同じモノを見て、同じコトを考えるヒトがいる幸せをかみしめています。

本日2時過ぎに、H2Aロケット15号機の打ち上げが成功しました。今回の打ち上げでは、8基の小型衛星を積み込んでいます。大阪府・東大阪市の中小企業、いわゆる町工場のおっちゃんたちが製作開発した雷雲観測衛星、「まいど1号」はニュースでも割と取り上げられていたので、ご存じの方も多いかとは思いますが。
実は「まいど1号」以外の衛星もバラエティに富んでいて面白いのですよ。地球温暖化ガスの専門観測衛星としては初めてになる「いぶき」、航空高専や大学が開発した衛星に混じって、「かがやき」という衛星があります。東海大学の「オーロラ観測衛星」として紹介されていますが、実は共同開発をしている会社の中に、「障害を持つこどもと家族のための教育プログラム」ボランティアをを手がけているIT企業があるのです。この事業によって、そうした人たちに達成感と夢を持ってほしいという理念で参加している。
いろいろな人の夢を、宇宙につなぐことができる。JAXAの「宇宙への敷居を下げる」この取り組みはすごい。と思います。

そして何より、そのことを一番最初からすごいと言い続けて、楽しみにしていたヒトへ。
おんなじ空を見たでしょうか、雲の向こうで。見上げることはできなかったけれど、小さく切り取られた画面の中にそれを見て、おんなじコトを考えていたようですよ、地上の私たちは(苦笑)
スポンサーサイト
2009.01.23 Fri l 日常 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。