上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ふらりと映画を見に行きました。

「ONE PIECE STRONG WORLD」。

水曜日と言うことで思いがけずレディースデー料金、1000円こっきりでのっけからお得な気分です。
んでもって、後ろの方の席で楽しませていただきました。
なるちょ映画とはまた別の意味で楽しかったです。だってほら、思い入れがあるからね、なるちょは(笑)
詳しくはネタバレになるので追記に譲るとして、ちゃんと2時間楽しませてくれてありがとうゴザイマス!
誰のファンでも楽しめるいい作品と思います。個性の使いどころが本当にうまいなぁと感心してしまう…
さすがプロや!

あ、そういえば来場者特典の「0巻」はちゃんともらえました。結構もらえる?
「ONE PIECE STRONG WORLD」

ルフィ一行は、イースト・ブルーに起きた怪事件を聞き、故郷の海を目指そうとしていた。そのとき上空に伝説の海賊「金獅子のシキ」の船が現れる。見上げるだけのルフィたちだったが、行く手を見据えたナミが嵐を予測。それをシキにも伝えたことから、ナミが目を付けられさらわれることに。
麦わら海賊団も一度バラバラになるが、彼らが行き着いたのは見たこともない好戦的な猛獣たちが暮らす空の島々だった。それらはシキの能力「フワフワの実」により浮かべられた島であり、また彼らの手によって「進化」させられた動物たちであった。動物たちから逃げ回りつつ仲間を捜す一行は、島に唯一存在する村で巡り会う。
また、シキの城から脱出したナミも無事合流するが、「20年越しの計画」を実行しようとするシキはナミを手に入れるためにその村へと現れる。絶対的に思える力の差に、倒れる仲間たちの姿を見て、ナミはシキの元へ戻る決心をした。
一方、続々と集まる海賊たちにまぎれてシキの城へ潜り込んだロビン、フランキー、ブルックたちは、酒場でシキが今夜動物たちに村を襲わせることを知る。村は動物たちの嫌うニオイの木々で囲まれているのだが、それを切り倒されればなすすべはない。そして同じことをシキはイースト・ブルーでもやろうとしている。「金獅子のシキ」を唯一負かした男、ゴール・D・ロジャーの故郷で。

その惨状と故郷、そして仲間のために、再びルフィたちは立ち上がる。果たして結末は…

という感じでしょうか。
それぞれ見せ場というか、らしいところがあって楽しめましたよ~vかっこいいところだけでなくて、ちゃんと笑いどころもあってほどよく力が抜けていい感じ(笑)
とりわけ、ゾロの方向音痴っぷりと、サンジのお嬢さん大好き癖と、ブルックの自虐ネタはおかしかったです。

あと、麦わら海賊団として乗り込んで行くシーンは文句なくかっこよかったですv
見終わった後、すごい楽しかった、さっぱりした、と思える映画でした~v
スポンサーサイト

2010.01.06 Wed l 映画 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。