上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
これ以上ないくらいの秋晴れでしたので、朝から洗濯→掃除→布団干し、と順調に予定をクリア。
さて、と思ったところで、ふと今日が水曜日であることに気付く。

……レディースデイ1000円!

これはいかねば、とちょっと行きたかった『エクスペンダブルズ』に行きました。ジェット・リーが見たかったんだ!

詳しくは追記にて。ネタバレするぞ!

午前中はそれで終わったので、午後は近所の公園にドングリ拾いに行って、水鳥やら鯉やらにパンくずを与えてきました。外人の親子連れがおって、(たぶんブラジルかな、ポルトガル語だったから)2歳くらいの可愛い嬢ちゃんが凝視してくれる(笑)
やりたいんかな~と思ってパンくず渡したら自分で食べてしまった!(まあ食べられんことはないけど;)
お母さんが取り上げて池の鯉にやったら、捨てられたと思ったのか泣き出すハプニング。
よかれと思ったのですが、いや、コドモって思いがけんことをするなぁ。
そのあと、一緒にパンをやれるところまで関係は回復。トラとウマにならないですんだかな?
『エクスペンダブルズ』(主演・脚本・監督/シルベスター・スタローン)

ストーリー(公式HPより)
自らを消耗品(エクスペンダブルズ)と名乗り、同じ刺青を入れて鉄壁のチームワークを誇る精鋭軍団。ギャラは高いが仕事は確実、傭兵業界にその名を轟かせる最強無敵の軍団だ。凶悪なソマリアの武装海賊に拉致された人質を鮮やかに救出した彼らの次なる任務は、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を壊滅させることだった。だが、その依頼はかつてなく危険で実行困難な大仕事だった。ヴィレーナでは、ガルザ将軍の圧政に対し、サンドラという美しき女性闘士が反政府運動を指揮していた。彼女はガルザの実の娘だったが、民衆の置かれている惨状を見て立ちあがったのだった。調査の為にヴィレーナに潜入した《エクスペンダブルズ》のリーダー、バーニー(シルベスター・スタローン)は命の危険にさらされているサンドラを国から脱出させようとするが失敗してしまう。バーニーは依頼の裏にCIA内部の醜い陰謀があることを知り、依頼を断ることにするが、民衆の為に一人闘うサンドラのことが忘れられず、単身ヴィレーナに向うことを決意する。だが…


傭兵、という設定柄、思想や信条が明確なわけではないので、日常に戻ったとき、寄って立つものがないヤツラの集まりだったり。なかなかシビアな描き方だなぁと思います。
そういうとこ、割かし丁寧に描いていたのは良かったです個人的には。バーニーが戻るのは、色恋でなくて、魂の救済に近いものがあるのだ。

さて、アクションのベースはマーシャルアーツと銃撃戦。これがまあ楽しみで行ったようなものですが、ジェット・リーのガンアクションって珍しいのでかぶりつきで見てしまいました。体格が回りと比べると小さい(散々ねたにされてましたが)ので、流石に重火器ではなかったけど、サブマシンガンとか結構サマになってました。
マーシャルアーツといいつつ、カンフーっぽい動きも混じってましたけど(苦笑)、そっちも堪能。暗闇の中で集団戦になると、ちっこい彼は目で追いやすかったです。

割と設定とかストーリーとか心情はリアルっぽいのに、5人で乗り込んでそこそこ無事に帰れるってどうなのかなぁという非現実性はご愛敬の枠内でしょうか。
前宣伝で豪華キャストをうたっていましたが、7人のウチ2人はまあゲスト出演てカンジでした(笑)
スポンサーサイト

2010.11.03 Wed l 映画 l COM(1) l top ▲

コメント

ジェット・リーの映画「海洋天堂」
家島ふゆきさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8
2010.11.04 Thu l まっぴ. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。