上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お昼ぐらいに上野に着けるように家を出ました。今回は途中で電車止まらなかった(笑)
上野駅でE本さんと落ち合って、定食屋さんでお昼に。空腹を満たしたところで、当初の予定通り東京都現代美術館へ。東山魁夷生誕百年の展覧会をしているのです。まあ思いがけないツレが出来たりして荷物は大きかったのですが(上野駅の構内、科学グッズのお店で、リアルなパペットを二体ほど衝動買い)、地下鉄を乗り継いで竹橋へ無事に到着。思ったより人出も多くなくて、すんなり入場できました。売店はスゴイ人だったけど。

展覧会は見応えがありました。好きな絵も見られたし。
とりわけ好きなのは「白馬の森」。深い青い森の中にしんと佇む一頭の白馬。透き通るようなのに、確かにそこにいる存在感があるのです。表情はないのですが、こちらをじぃっと見つめられているような気がします。吸い込まれるみたいな。
どの絵を見ても、静かな空間の中に自分が置き去りにされるような、それでいて見守られているような、不思議な気持ちになります。一人旅をしてるような気持ちになると言えばいいのかな。そしてすごくきれいな風景を独り占めにしてる瞬間のような。
唐招提寺の襖絵とか、けっこう頑張った展示でした。思ったよりいろいろ見られた~。

その後、N河さんHさんと合流の為に二人で汐留に向かい。途中で連絡を入れたらお二人が出てきてくださるというので、日テレ前で待ち合わせ。暇つぶしにリアルパペットのかわうそくんで遊んでいたら、小っさい子が「わんわん!」と叫んでました。わんわんでなくてかわうそです。そして生じゃないです(笑)
思惑通りちょびっと驚かせて笑われてから、アイリッシュパブでちょっとお茶。
そしてHさんを見送ってから夕食はシンガポール料理です。入り口にマーライオンがいた(笑)シンガポール料理って初めて食べたんですが美味しいね!でも辛めなところは気を付けないとちょっと苦手なのです。食べたけど(笑)
食べ終わってホテルに戻ったらもう眠くて眠くて、E本さんが別ホテルに戻られた後、お風呂に入ってすぐ寝てしまいました。一日終わりです。あっという間;;

ごはン情報は追記にて>
ひるごはん:「駅の定食屋 ちゃぶぜん」

上野駅構内の定食屋さんです。
以前アジフライ定食を食べて以来のファン。E本さんとは食の好みも合うような気がするのでぜひご一緒したかったのです。
ワタシはサバの味噌煮定食、E本さんは鰆の野菜あんかけ定食。豆腐と油揚げのみそ汁、漬け物がついてご飯が山もり。グルメっぽくはないけれど、腹を満たすのには良い具合です。ごひいき。

お茶:「VICTORIAN PUB THE ROSE & CROWN 」汐留日テレプラザ店

日テレタワー1Fにあります。つか、あれ1Fなんだなーと思う位置にありますが。日テレショップとかあんパン○ンテラスの上のとこに。
パブですがノンアルコール。紅茶ベースが多いのかな。あとちょっと小腹を満たすためにアンチョビガーリックピザ。塩気がちょうどいい感じで美味しかったです。今度はローストビーフとかキッシュとか行ってみたいです。

ゆうごはん:シンガポール料理「海南飯店」

2500円のコース(だった?)
サラダから始まり、アーモンド味噌ダレ(?)の鳥串、豆腐ゴレン、茄子のピリ辛炒め、ロティープラタ(カリカリの揚げジャガ?粉モノ?)のカレーソース添え、蒸し鶏と鶏スープで炊いた鶏飯と鳥のスープ、黒米のデザート。(かな?)
サラダのドレッシングもピリ辛だったのでまあ全体そうだろうと思ったら美味しいけど辛めな味付けでしたね。特に単品で頼んだ春巻きのたれを一杯着けてから味覚が狂いました;;
春巻き、ベトナムの生春巻きと中身は似ているんですが、皮は米じゃなくて小麦粉かなぁ。ロティープラタはカリカリで美味しかったです。そして鶏飯はタイ米。スープをかけてさらさらっと食べたら美味しかった。もちろん別々に食べるのでも美味しかったです。というかむしろ別々に食べるんでしょうな。
デザートは何だ?とメニューと見比べてやっと分かりました。黒米のボボなんとか書いてあったけど、ちょっとあったかいデザートです。ぜんざいっぽいかな。舌触りがもちっとしていて、葛とかそんな感じにとろっとしてました。その不思議な感触に首を捻りながらも完食!

明日のあさごはん:「VIE DE FRANCE」
 水菜と海藻のサラダ(イタリアンドレッシング)、オレンジワッサン、パン・オ・レザン
スポンサーサイト

2008.05.03 Sat l おでかけ l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。