上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日の雪で妹夫婦の予定がずれ込み、私どもにとあるチケットが回って参りました。
『つくばSF&コミックフェスタ』内、『トークショー&ライブ』でございます。

前半、第一部は松本零士御大をメインゲストに、声優野沢雅子女史とロボット研究者佐藤仁氏をそれぞれお迎えしてのトークショー。
メーテルやハーロック、エメラルダスの話から、松本先生の幼少期、上京時の話、佐藤氏の教材用ロボ『チョロメテ』くんの操作実演など、なかなか興味深いお話がたくさんでした。メーテルのモデルの一人ってあの清純派女優らしいですよ……御大と女優の好みが同じだった(笑)
後半は水木氏と鮎川嬢のライブでし。まずは鉄板の『マジンガーZ』から。そして鮎川嬢の『Zガンダム』OP&EDへと続きます。アニキのロボットメドレーは『トライアタック!メカンダーロボ』『コンバトラーV』『マグネロボ ガ・キーン』『グレートマジンガー』あたりでしたか。そのあとバトンタッチして『ドラグナー』『エルガイム』、更にアニキのSFメドレー『我が青春のアルカディア 無限軌道SSX』『宇宙海賊キャプテンハーロック』へと続きます。
最後はアニキと鮎川嬢のデュエットでヒーローソングメドレー。何でもありで覚えきれないのですが、『デビルマン』『仮面ライダー』『ウルトラマン』『ゴレンジャー』『鬼太郎』『鉄腕アトム』『009』『バビル2世』『アタックNo.1』『巨人の星』『ガッチャマン』に『宇宙戦艦ヤマト』……アニキ絶好調(笑)
締めのアンコールはもちろん、会場全員で「マ・ジ・ン・ガー……ゼェッ!!!」と絶叫して参りました。

や、アニキの歌はいつでもどこでもコドモに還してくれます。た、楽しかった……(笑)
2011.02.12 Sat l おたく? l COM(0) l top ▲
夏コミ当日でゴザイマス。
今回は無事に仕上がった新刊(しかし以下続刊)を持っての日帰りコース。朝早い地元駅はあまり人影もなく、始発駅ということもあって楽々座れました。今日のお供は『料理人季蔵捕物控』のシリーズです。黙々読み進めるウチに無事現地到着~Hikoさんにお願いしておいた既刊の到着を待って準備を始めました。

今回は久々の西配置ということで、いつもと位置間隔が異なり、なんか物慣れない感じでしたが、ぼちぼちの人出。西から東への動線は相変わらず混み合っていたらしく、MさんやE本さんの到着は(特にMさんは)ご本人たちが思っていたよりかかったようでした。
お隣様たちとも和やかに談笑したり、引きこもり同人にしてはがんばった今回(そうか?)、次回は録れていれば冬ですがよろしくお願いします。

さて、撤収後がある意味本番でもあった今回、ちとお台場からは脱出したところでカラオケ大会と相成りました。考えてみたらこのメンバー、結構な年月つるんでいるのに初カラオケ(笑)
最初は何を歌うのかとメンバーの選曲に興味津々だったのですが、何のことはない、みんな早々にネタに走りました(大笑)
個人的には映像でカカシ先生が見られたのと、アニキの絶叫メドレーが歌えたのが楽しかったです。いろいろ聞けたし!次回があったら新ネタでお願いします!

そんなこんなで、放課後遊び倒して帰宅。
カラオケの間中好き放題に食べていたので、体重計が怖かったです、乗ったけど。(そしてやっぱりおそろしいことに……;;)
2010.08.14 Sat l おたく? l COM(0) l top ▲
『夏目友人帳』10巻(緑川ゆき/白泉社花とゆめコミックス)を買いました。
楽しみにしていたので、仕事終わってないけど買っちゃった(笑)
これをえさに頑張ったよ!……というわけで、一応今日の分のノルマは終わり、無事に読み終えました。

何でかこういうの好きだなぁと思っていたのですが、元々『人ではないモノ』と人の交流や共存を描く物語が好きなのですね、ワタシは。
ナルニア国のものいうけものしかり、『誰も知らない小さな国』のコロボックルしかり。ドリトル先生と動物たち、エルマーと竜の子どもボリス。
幼時のそんな作品から始まり、『雨柳堂夢咄』などの波津彬子作品、『外科医東盛玲の所見』などの池田さとみ作品。最近では『ツイン・シグナル』(大清水さち/ガンガンコミックス)がばっちりそうでした。
人の理が通じないこともあるけれど、『人ではないモノ』は時に人よりも優しい。そして、良きにつけ悪しきにつけ、『隣人』であることに違いはなく。
彼らを通して、実は人の良いところも悪いところも、よりはっきりとした形になって見えてくるのではないかと思います。
何となく共通項が見えてきたので、この作品がより愛おしく楽しみになりました。

>夏目友人帳については追記にて
2010.07.11 Sun l おたく? l COM(0) l top ▲
イベントでっす。今回は日帰りコースなので、地元駅から朝早い出発でした。まあ何事もなく山手線~ゆりかもめと乗り継ぎ、会場入り~。
今回も敗色濃厚にて、新刊は先送りになりました。ので、既刊を並べて準備オッケー。つらつらとおしゃべりやら打ち合わせやらをしているうちに、開場でゴザイマス。開場後しばらくはのんびり人並みを眺めておったんですが、今回は「デュラララ!」がすごい人だったらしいですね。あとは「へたりあ」?元気の良いジャンルって面白そうですが近寄る気はしませんな。一頃よりまったりなので、ざんぷスペもこの辺りはのどかなものです。
売り子さんのRさんが買ってみえた本が気になり、グッズスペへ探索に出かけたりもして、それなりにイベントを満喫。Mさんに第三新東京市土産をいただいたり。温泉あるのか、あそこ…(笑)ふつーにウマいおまんじゅうでしたよ。箱のデザインがかっこよかったです。蓋は黒で下が赤。蓋には鈍い銀色で麻の葉文様、その中にネルフのマークがさりげなく配されてます。渋いし、一見それっぽく見えないところが良し。
はて、早めに引き上げて展覧会とご飯だ~、と撤収したはいいものの、うっかりアメ横などふらついたために、思ったより時間を浪費し、展覧会はお流れになりました。見たかったなーフランク・ブラングイン。5月いっぱいは西洋美術館でやっているようなので、ぜひリベンジしたい。さて、アメ横はなんだかものすごいヒトデ、もとい人出で、歩くのにも難儀でございました。はぐれないように歩くのが精一杯さ!イベント会場より混んでいたですねぇ。
そしてご飯はと言うと、なぜかワタクシが食べたかった韓国料理。上野『満奈多』です。某厨房テレビ番組で見て行きたかったんですよ。『空(ハヌル)』コースはキムチ三種盛りから始まって、蒸し鶏のチョレギサラダ、ニラとイカのチヂミ、上州せせらぎ豚のポッサム、一品セレクトはアベル黒豚の塩プルコギ、デザートは杏仁豆腐です。うまうまです。すっかり満腹デスとも。
そのおなかを抱えて上野駅前でお別れしたのですが、その短い道中にとらふぐ亭を見つけ、「次はふぐが食べたいナぁ」などとつぶやいている食いしん坊万歳な私どもでございました。つかワタシか?(笑)
2010.05.03 Mon l おたく? l COM(2) l top ▲
イベントに行ってきました。

久しぶりのシティ一般参加。ふと昨日の夜思い立って行くことにしたというあたり、期末の切羽詰まり感がアリアリ出てますが。
一応朝のウチに職場でごそごそ仕事らしきモノもしたりなんかして、何でそんな必死になって出かけたかったんだか分かりませんけど、まあストレス溜まってたのかな。ぼーっと文庫本なんか読みながら電車に揺られる時間は結構癒されたかも。ちなみに今日読んでいたのは「ワーキング・ホリデー」(坂木司/文春文庫)です。
有明はお天気も良く、ぐるっと東館を回って6ホールの方から入りました。久しぶりにこっち側から入ったなぁ、とかきょろきょろしつつ、ざんぷスペースをふらふら。結構人は出ていましたか。通路は歩きにくいほどではなかったけど人が目立ちました。
今日はカカイルと、あとちょっとワンピ。それからHikoさんとおしゃべり。主に本誌のこととか今週号のこととか、SCCのこととか。今度みんなで顔を合わせるのは夏でしょうかね。SCCではどのくらい集まるかなぁ、なんぞと言い合いつつ、近くなったら打ち合わせをすることにしました。身内の衆よろしくお願いします。

さて、と会場を後にしてゆりかもめに揺られ新橋へ。そこから山手線に乗り換えたのですが罠に落ちました。以前にやってから気をつけていたのに逆回り乗ってしまった;;
気付いたのは隣の浜松町駅でホームに小僧さんが立っているのを見てからでした。今日は消防団員みたいな格好していたよ!春の火災予防らしいです。それで、「ん?」と思ったら発車してしまった。もう少し早ければ降りて写メれたのにな~。実際降りたのは隣の田町駅です。
んで、地元への路線に無事たどり着いた後は読書。今度は「甘栗と金貨とエルム」(太田忠司/創元推理文庫)です。名古屋が舞台なんだけど地元グルメがおいしそうでした。食べに行きたい…ころうどん、モーニングセット、イタリアンに味噌カツ…じゅるり。

まあそんな妄想をしつつ帰宅。相方氏の作った微妙な味のジャンバラヤは先々週?の「男子ご飯」の産物のようです。元の料理をさほど食べたことがないのでそれなりに美味しかったですが、当人は納得いかないらしい(苦笑)
や、、でも作ってもらうと美味しいですよね!おかげであとちょっと期末仕事がんばれる!ご褒美もあるしね!(大笑)
2010.03.21 Sun l おたく? l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。